Garmin GPS TrackとRouteについて


例えばサイクリング走行前に走行するコース(案)をパソコン上で作成し、GPSに入れて出発します。

そのコースの作成方法は2種類あります。
TrackとRouteです。

Trackを推奨します。

Trackはコースを構成する多数の地点を直線で結んだもので、多数の地点(左折・右折点等)をコース作成者が指定しなければなりません。

Routeは例えば出発点と到着点を指定し、パソコン/GPSにコースを作成させて出来たものです。
Routable Map(例:OSM)を使えば出発点と到着点の間のコースを道路に沿って右折/左折し作成してくれます。

以上の説明を読むとRouteを作るのが簡単でよいと思われますがTrackの作成をお勧めします。
(都会での走行を目的とするサイクリングの場合はコースの選択肢が多く、Routeでも対応できるでしょう。)


しかし、Routeは地図が完璧であることが前提になります。特に無料地図は交差点・橋等の道路の交点が地図上では交叉しているのに、デジタル上では交叉していないことがあり、直進すればすぐに行ける地点に行くのにとんでもない大回りをさせられる事が多々あります。

また、サイクリング道路の入口は分かりにくいことが多く、パソコン/GPSにまかせても見落とされ、交通量の多い主要道路のコースを設定される事が十分あります。この様な問題を避けるためにRoute設定時に多くの地点を設定すれば良いのですが、基本的に上記の問題は残ります。

また、Routeは
地図上に道路がないと設定できないという問題があります。地図には道路はないが新しい道路が出来ている、または自転車を10mほど担げばよいところでも、大回りのRouteを設定されます。

また、Routeを外すとGPSが次々に新しいRouteを計算して指示します。そこで上記の問題(地図不完全)が発生すると混乱が拡大します。さらにパソコンでRouteを作成し、GPSに入れても同じRouteを示すとは限りません。それはパソコンのRoute作成ソフトとGPSのそれが異なるからです。


一方、
Trackはパソコン/GPS任せのところがなく、全て自分で通過地点を設定します。道路がなくてもコースを設定できます。従い、設定したTrackを外れても設定したTrackに戻れば良いわけです。この様な訳で小生は自宅で入念にTrackを作成し、それをGPSに入れて走行を開始します。道に迷った時の時間的ロスを考えれば自宅で十分検討する時間を取った方がよいと考えています。
Trackをパソコンで作成してもGPSに入れられない機種(例nuviシリーズ)がありますので注意して下さい。

なお、
Trackにはもう一つの意味があります。GPSを持って走行し、その軌跡をGPSに記録させたものです。パソコンに取り入れて見ることが事が出来ます。


Route で作成したコースの例

 
地図3種に同じコースのRouteを作成させた結果です。地図によってコースは大幅に異なります。

現地でGPSまかせに走行しますか。

私は自宅でパソコン地図を見てコースを十分検討しTrackを作成します。




   
    地図A OSM
     
     
 地図B    地図C
     


 ついでにOSMについて
 
         
 地図A OSM    地図B    地図C
上田千曲長野自転車道路あり   上田千曲長野自転車道路なし   上田千曲長野自転車道路あり
         
 
 
地図Aは無料のOSMです。
・最初コースはOSMのRouteは大幅に迂回して良くありません。
・しかし、OSMは自転車専用道路が記載されていました。

地図にも一長一短があります。
一般的にいわれているのは無料地図の良い所は、更新が頻繁に行われることです。

また、無料地図は交点等の不備を自分で修正出来るそうです。


詳細はこちらをご覧下さい。
チェックツール
JOSMの妥当性検証機能