MapSetToolKitの使い方 

地図(.img)をBaseCampにInstallするソフト
 
MapSetToolKitをdownload/Installして下さい。
MapSetToolKitを使う予備作業としてcGPSmapperGMapToolをdownload/Installしておいて下さい。
最近cGPSmapper のサイトにアクセス出来なくなっています。理由は不明です。

 
最初の画面です。
@からHまでを使います。



     
最初にBaseCampにInstallする地図file名を「数字8桁.img」にして下さい。
画面の
「gmapsupp.img」はGPS機器のSDカードに入れる地図ですが、これをBaseCampにInstallする際、「11223344.img」という名前に変更しました。
  @「Select IMG」をclick。右下の画面でBaseCampにInstallする地図fileが入っているfolderAを選択しOK。
     
     
 「11223344.img」が窓に入る。    「11223344.img」を選択しAをclickすると右側の窓に入る。
.img fileが複数ある場合はいずれも数字8桁のfile名にして右側の窓に入れます。
     
     
Bは地図が入っているfolderを選択します。
Bをclickして5行上右の画面@「Select IMG」)のようにGPS_japan_osm_2016を選択しOK。
これで
Bの窓に地図が入っている場所が入ります。
Cは地図の名前です。BaseCampに登録される地図名を入れます。japan_osmとしました。
Dは画面右側の「FID」の欄で使われていない番号を入れます。「5」を入れました。

  Eはcgpsmapperのfileがある場所を指定します。
Cをclickし、C:/Program Files(x86)/cGPSmapperを選択しOK。
これでEの窓に入ります。
     
     
FはE同様
D をclickし、C:/Program Files(x86)/GMapTool を選択しOK。

出てくるをdouble click
になる
これを選択すると

になるので「開く」
これで
Fの窓に入ります。


  Gにチェックを入れ
Hをclick 
     
 この様な画面になる。一瞬驚くがそのまましばらく待つと右の画面になり地図がBaseCampにInstallされた。
(途中何かの画面が出ることがあるがOKで進めた)
   Install成功の画面。
 
 
BaseCampにInstallされた地図japan_osm